シラグラを愛する人たち

日本においてもED症状で悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
治療薬などもさまざまリリースされてきましたが、保険診療が受けられないという背景もあり金銭的な部分で負担がかかるなどの声もありました。
そのような時に取り入れると良いのが「ジェネリック医薬品」と呼ばれるものです。
ED治療薬においても、このジェネリック医薬品は存在しています。
中でも今回は「シラグラ」という治療薬について触れていきましょう。

バイアグラの後発医薬品

インドに本社がある大手の製薬会社「ジプラ」が開発をした後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品がこのシラグラになります。
薬品名を初めて耳にする方もいらっしゃると思いますが、「バイアグラのジェネリック医薬品」というと分かりやすいでしょう。
バイアグラと同じ成分を含んでおり、バイアグラと同等の高い効果を持っている治療薬なのです。
そればかりではなく、ジェネリック医薬品ですから購入価格そのものがお手ごろということで、最近では人気も高まっているのです。

有効成分などについて

有効成分についてですが、バイアグラと同じ「シルデナフィル」という成分が含まれて居ます。
シルデナフィルの効果についてですが、成分が勃起に必要な血液を海綿体へと送り込み、血流を増加させるのです。
EDの場合、血流機能が低下しているという事が大きな要因として考えられますので、服用していただくことによって正常な働きに戻すことができるというわけです。

バイアグラとの効果比較

ジェネリック医薬品ではありますが「全てにおいて同じである」というわけではありません。
ですので、効果比較をすると製法そのものが異なっている薬剤同士という理由から効果が実感できるまでの時間などを含め、多少の差がうまれてきます。
実際に服用をする際には、先のような違いもあるのだという点に納得をした上で取り入れていくとよいでしょう。

服用方法

服用方法はバイアグラと同じと考えていただいて構いません。
食前30分以上前の「空腹時」に服用してください。
食後でも人体に大きな影響はありませんが、シルデナフィルの吸収率が低下してしまう恐れがありますので、満足できる薬効が発揮されないこともあるのです。

安全性について

ジェネリック医薬品としてリリースされておりますので、ある程度の安全性は確保されているといえるでしょう。
とはいえ、どのような治療薬であってもなにかしらの副作用というものはあるのです。
ごく稀ではありますが、頭痛や胃痛、身体のほてり・めまいなどを感じることもあるでしょう。
発症率は5%以下となっていますが、人によっては先のような症状に見舞われる可能性もあるという事を認識しておきましょう。
また、これらは用法・用量を守ってという大前提に基づいています。
自己判断で過剰摂取などをしてしまうと、大きな健康被害につながる恐れもありますので注意しましょう。

服用を避けたほうが良いケースについて

心臓病や高血圧といった持病がある方は服用をおすすめできません。
場合によっては、持病そのものが悪化してしまうこともあるでしょう。
取り入れたという場合は、医療機関に足を運んで医師と相談し診察をうけてから服用することが大切です。

知識を持った上で服用するのがおすすめ

ED治療に効果的・スムーズな性生活が送りやすくなる治療薬ではありますが、そればかりではなく先ずは、体調に合わせて、自分自身にあったものであるかどうかという判断が重要になってきます。
正しく取り入れることが治療にもつながりますので、医師からの指導ばかりではなくその時々の自身の体調に合わせて服用することもまた大切といえるでしょう。

希望することは可能なのか

薬剤を指定して処方してもらうという事は基本的には可能といえるでしょう。
特に、経済的な負担が軽いということから「ジェネリック医薬品を」と指定する方も多いようです。
ただし、治療薬そのものと自分に合うか否かはまた違うものですので、あくまで診察や検査があり「処方しても身体に悪影響を及ぼさない」との判断が出たらという前提があることを認識しておきましょう。

まだ日本においては浸透率が低いED治療薬ではありますが、ジェネリック治療薬の認知度が上がっていくのと比例をして需要も高まっているものとなっています。
1人が抱え込まずにこうして治療薬を取り入れていくこともまた、良い精神衛生を築けますのでED症状改善にも良いことといえるのです。
予約不要でも相談できる医療機関もありますので、先ずは足を運んでみてはいかがでしょうか。