認識しておきたいシラグラの副作用について

シラグラは、インドのムンバイに本社を置く大手の製薬会社が開発したED治療薬です。
これは、アメリカで開発されたバイアグラのジェネリック医薬品となっています。
効果作用は同等のものであるといわれていますが、厳密にいえば製造が異なっているので多少の差はでてくるといえるでしょう。
では、副作用についてはどのように捉えればよいのでしょうか。

副作用の違いについて

副作用についてですが、基本的には有効成分が同じですので同等のものであると考えることができます。
具体的にいえば、皮膚発疹・ほてる・頭痛・動悸・めまい・消化不良などが報告例としてあります。
さらに可能性が考えられるものとして、鼻づまりや視覚異常・不眠・下痢というものもあるのです。

どれも発症率については高いものではありませんので、正しく服用していくことによって避けることはできるかと思いますが認識と注意をしておくことも必要なのです。

症状を感じた時

万が一、服用をして副作用と思われる症状を強く感じたり継続的に感じたという場合、大きな健康被害が出てしまう可能性も考えられます。
ですので、出来るだけ早い段階で医師に相談をるようにしましょう。

気をつけたいこと

副作用とは別に、服用時の注意として車の運転などにも留意することをおすすめします。
これは、ED治療薬を服用するケース全てにおいていえることなのです。

正しく飲むことが前提

このように、バイアグラと同等の作用や副作用が考えられますが、大前提として用法・用量を守るというものがあります。
規定量以上を服用しないこと・1日1錠を限度とすること・服用感覚は24時間以上空けることなどは絶対的に守ることとして認識しておきましょう。
また、ニトログリセリンなどの硝酸剤と同時期に飲むと血圧異常などが現れるケースもあります。

副作用や飲み合わせなどについて不安がある方は、かかりつけの医師や専門医などに相談をするとよいでしょう。
現在、服用されている薬があればお持ちになることをおすすめします。
こうして、副作用を知っておくことはED治療を安全に進めていくためにも大切なことですので、取り入れる方には必須の知識ともいえるでしょう。